歯肉炎を防ぐための歯磨き

歯肉炎が進行する時

秘訣

歯肉炎は自覚症状がないことが

歯肉炎は、自覚症状を感じる人が少なくて、歯みがきでのブラッシングの際に出血することで気づくことがあるようです。歯肉が炎症を起こして腫脹するもので、原因とされていることのひとつに、プラークや歯石などの汚れが付着していることにあるようです。丁寧なブラッシングをすることで、プラークは落とすことができますが、歯石を除去するのは難しいようです。このことからも、定期的に歯医者で検診を受けて、歯の掃除を行うことが大切になります。歯肉炎が改善されないままでいると、歯周炎への可能性が高まります。

↑PAGE TOP